HOME > 絹糸アート作品展

絹糸アート作品展

絹糸アート作品展 2018年7月11日放送

 

絹糸を使って描くアート作品の展示会が7月20日まで、東御所町のおのみちecoライフ館で行なわれています。

 

この作品展は、広島市在住の作家 西嵜白洋さんが開いているもので、会場には、絹糸で描かれた天女の作品や仏画などおよそ40点が展示されています。

 

西嵜さんの作品は、下絵に沿って絹糸を貼り付けたり、絹糸を粉状にして色付けしたりして作られたもので、ビーズなども使い色鮮やかに仕上げられています。

 

また、花や鳥、猫などを題材にした作品もあり、絹糸の持つ光沢などを活かした華やかな作品を楽しむことができます。

 

家族の介護と同時に作品制作を始めた西嵜さんは、県内外で作品展を開くなど精力的に活動していて、「苦しい状況の中でも心を元気にする作品を目指して描いています」と話していました。

 

作品展の会期は7月20日まで、おのみちecoライフ館で開かれています。