HOME > 13日放送 豪雨災害関係

13日放送 豪雨災害関係

13日放送 豪雨災害関係 2018年7月13日放送

 

 

断水が続いておりますが、尾道市水道局によると7月13日(金)の21:00から、給水できるのは、古浜、新浜一丁目・二丁目、西御所、東御所、土堂一丁目・二丁目、十四日元町、久保一丁目・二丁目・三丁目、東久保、尾崎本町、山波、以上の地域の「一部」です。

 

続いて、被害状況についてです。尾道市が12日(木)20:00に発表した情報によりますと、土砂崩れなどの件数は尾道市全体で1924件。尾道・向島地区が最も多く1096件、御調地区が367件、因島地区が314件、瀬戸田地区147件となっています。

 

家屋への被害は492件で、土砂崩れによる被害が212件、床上浸水101件、床下浸水が179件です。

 

人的な被害は3人で、軽症1人、死亡1人、救助活動中が1人です。12日の20:00現在、市内の9箇所の避難所に49人が避難しています。

 

尾道市内の市道は、木ノ庄町の本郷畑(ほんごう・はた)線など7箇所で通行止めが発生しています。 

 

市内の国道・県道は、西藤町の福山尾道線や、美ノ郷町の尾道新市線など18ヵ所で、通行止めや、片側通行となっています。

 

続いて支援に関する情報です。尾道商工会議所は、今回の豪雨災害で被害に遭った中小企業、小規模事業者を対象に「特別相談窓口」を設けました。

 

直接被害だけでなく、物流の停滞や断水に伴う経営への影響についても相談できます。詳しくは、尾道商工会議所 0848-22-2165までお問い合わせ下さい。