HOME > 大田垣さん作品展

大田垣さん作品展

大田垣昌文さん作品展 2019年4月17日放送

 

長江1丁目在住で、知的障害を持つ大田垣昌文さんの書の作品展が4月30日まで、久保1丁目の画廊喫茶かのこで開かれています。

 

現在30歳の大田垣さんは、13年間にわたり、市内の習字クラブで活動していて、個展の開催は今回が初めてです。

 

会場には、特別支援学校の高等部を卒業する際に制作した、母親に宛てた似顔絵付きの書など、13点が並んでいます。

 

尾道ベッチャー祭りを題材にした作品や、好きな歌の歌詞を記したものなどもあり、訪れた人たちは、力強い筆使いで書かれた作品に見入っていました。

 

大田垣さんの母親の素子さんは、「多くの人に支えてもらいながら成長してきたと実感しています。作品を見てもらい、元気になってもらえれば嬉しい」と話していました。

 

大田垣さんの作品展は4月30日まで、久保1丁目の画廊喫茶かこので開かれています。