HOME > 関船・弁才船 特別展

関船・弁才船 特別展

関船・弁才船 特別展 2019年8月7日放送

 

因島中庄町の因島水軍城で10月16日まで、特別展「関船から弁才船へ」が開かれています。

 

関船は、室町時代、村上海賊が海の上での監視活動などに使用した船で、その後、関船作りの技術は、江戸時代の商船で北前船としても活躍した弁才船に引き継がれました。

 

特別展では、関船や弁才船に関する古文書、絵馬、模型などが展示されていて、会場には、船の構造や歴史を解説するパネルなども並んでいます。

 

中でも、個人から寄託を受けて、今回初めて展示されている関船のひな型の絵図2点は、国内でもあまり見ることができない貴重な資料で、部材や寸法などが細かく書かれています。

 

因島水軍城の特別展は、10月16日(水)までで、木曜日は休館です。

 

期間中は連携行事として、8月31日(土)に因島土生町の「ポートピアはぶ」で関船に関する講演会も開かれます。