HOME > 全国小学生陸上大会出場

全国小学生陸上大会出場

全国小学生陸上競技交流大会出場 2019年8月9日放送

 

 

日清食品カップ第35回全国小学生陸上競技交流大会に出場する尾道市内の児童3人が8月7日、平谷祐宏尾道市長を表敬訪問し、大会での健闘を誓いました。

 

この大会は陸上競技の基本を学び、よい友達づくりをすることなどを目的に1985年から行われていて、各都道府県の選考会で選ばれた5、6年生が100メートル走や、男女混合400メートルリレーなど9種目で競い合います。

 

広島県からは7月に行われた選考会で優勝した14人が参加し、尾道からは、向東小学校6年の小田原功汰(おだわらこうた)君と、5年の大谷陽音(おおたにはると)君が男子100メートル走に出場。御調西小学校6年の迫大介(さこだいすけ)君が、今年から新しく加わった走幅跳びとジャベリックボール投げを行うコンバインドBに出場します。

 

2度目の出場となる小田原君は、「去年は6位で悔しかった。今年は3位入賞が目標」と話し、初めて出場する大谷君は「13秒台後半を出して決勝に残りたい」。迫君は「得意の走り幅跳びは、5メートル50センチを飛びたい」と目を輝かせていました。

 

平谷市長は「陸上はスポーツの基本、将来は世界をまたにかける選手になってほしい。ベストコンディションで頑張って」と激励しました。

 

大会は、8月9日と10日の2日間、神奈川県横浜市の日産スタジアムで開催されます。