HOME > ニュース・情報コーナー > 市長会見 庁舎基本設計

ニュース・情報コーナー

市長会見 庁舎基本設計

尾道市長記者会見 新庁舎の基本設計について 2016年4月21日放送

 

定例市長記者会見が4月21日にあり、市役所の本庁舎建て替えの基本設計について発表がありました。

 

新しい庁舎の設計について、平谷祐宏尾道市長は「環境に優しい庁舎・長寿命な庁舎・安全安心な庁舎をコンセプトに、100年使える庁舎を目指して基本設計を行なった」と述べました。

 

新庁舎の概算建築費は、当初尾道市が示していた70億円を上回り、78億4千万円。景観条例の高さ24m内で、天井の圧迫感を減らす為、四層に変更し、建物内部の面積もおよそ1,000㎡縮小しました。

 

新庁舎の概要について、大﨑多久司庁舎整備担当参事が資料を示しながら説明しました。

 

地下の駐車場は、53台分のスペースを確保。1階は住民・福祉関係の部署が入り、カフェやキッズスペースを設置。2階は、税務・産業関係の部署と共に300席の多目的スペースを設けます。

 

3階は、市長室・副市長室など、4階は、議場や災害対策室などで、屋上には市民らに開放する緑化スペースを整備します。

 

従来の説明より、建築費が増加していることについては、液状化対策など建物の基礎部分の工事や、庁舎内部の仕様を変更したこと、建築材料費の増加などが要因と説明しました。

 

この、定例市長記者会見の様子は、本日21日、午後9時からと、明日22日午前7時と午後2時から放送します。

月間アーカイブ

最近の投稿