HOME > ニュース・情報コーナー > 英語の手作り看板

ニュース・情報コーナー

英語の手作り看板

おもてなし 英語の手作り看板 2017年4月20日放送

 

外国人観光客数に英語で「おもてなし」をしようと結成されたボランティア団体が4月14日、尾道東高校の生徒とともに英語の観光案内看板を手作りしました。

 

ボランティア団体は「おのみち、まつり楽しみ隊」との名称で、市内の通訳士や学校関係者たち、およそ15人で3月に立ち上げられました。

 

 

この活動に、英語教育に力を入れている尾道東高校の生徒たちも関わることになり、英語の看板作りが行われました。

 

「おのみち、まつり楽しみ隊」の二宮仁さんと、翻訳業の釜本二さんたちが中心となり、東校の英語ディベート部の生徒ら、およそ20人と看板を製作しました。

 

 

隊のメンバーが段ボールを適当な大きさに切り、生徒たちが釜本さんや外国人教師二人のアドバイスを受けながら、「お好み焼き」など尾道のグルメや「平山郁夫美術館」などスポットを紹介する英語を書き込んでいきました。

 

 

二宮さんは、「尾道を英語で紹介し、おもてなしの気持ちが伝われば嬉しいです」と話していました。

 

 

およそ200枚製作された看板は、JR尾道駅前や、しまなみ交流館、尾道本通り商店街のなどに設置され、訪れた外国人観光客に尾道の魅力をPRします。

 

 

又、4月22日と23日に行なわれる「尾道みなと祭り」の2日間は、東高校の生徒たちが、JR尾道駅前で外国人観光客を案内する予定です。