HOME > ニュース・情報コーナー > 郷土玩具 企画展

ニュース・情報コーナー

郷土玩具 企画展

郷土玩具 企画展 2017年8月2日放送

 

広島県内の郷土玩具などを紹介する企画展が8月19日まで、東久保町の尾道市立中央図書館で開かれています。

 

この企画展は、郷土玩具を多くの人に知ってもらおうと、尾道市や三原市、福山市などで古くから伝わる玩具と、それらを再現した作品を紹介するものです。

 

会場には、およそ50点の玩具が展示され、昭和時代に作られたものや、尾道市立大学の学生たちが再現した三体神輿の模型、市民が制作した尾道ベッチャー祭りの張り子面などが並んでいます。

 

また、節句の飾りとして作られていた三原市に伝わる人形や、豊作と子どもの成長を願う福山市の常石張子なども展示されています。

 

この他、熊本県宇土市の宇土張子などもあり、県内外の郷土玩具の歴史を知ることができます。

 

郷土玩具展の会期は8月19日までで、入場は無料です。

 

詳しくは電話0848-20-7425尾道市文化振興課までです。