HOME > ニュース・情報コーナー > びわこカップ選手表敬訪問

ニュース・情報コーナー

びわこカップ選手表敬訪問

松永ヤンキース びわこカップ出場 2017年8月8日放送

 

中学生の野球大会「第7回全日本少年軟式野球クラブチーム選抜大会」への出場が決まった松永ヤンキースに所属する尾道の選手らが8月3日、平谷 祐宏市長を表敬訪問しました。

 

市役所には、コーチの粟村 昭二さんと選手6人が訪れ、平谷市長は「力いっぱい試合に臨み、良い成績を残してほしい」と激励しました。

 

今回出場する大会は、全国の予選を勝ち上がった18チームが競うもので、松永ヤンキースは2年連続の出場となり、初戦は8月12日に滋賀県のチームと対戦します。

 

昨年の大会では3位という成績を残しており、エースピッチャーで長江中学校3年の高野 翔太君は「優勝を目標に、投げる試合は全て勝ちたい」と意気込んでいました。

 

松永ヤンキースは、1984年に出来た軟式の野球チームで、現在は尾道市や福山市などの中学校に通う生徒23人が所属し、福山市を拠点に活動しています。

 

「中学生の甲子園」と称される全日本少年軟式野球大会には過去5回出場し、優勝経験もある名門チームで、OBにはプロ野球で活躍する選手もいます。

 

第7回全日本少年軟式野球クラブチーム選抜大会は8月11日から14日の4日間、滋賀県彦根市と東近江市で開かれます。