HOME > ニュース・情報コーナー > スポーツグランプリ 吉池さん

ニュース・情報コーナー

スポーツグランプリ 吉池さん

日本スポーツグランプリ受賞者 吉池さん 表敬訪問 2017年10月5日放送

 

60年以上にわたりアマチュアのサッカー選手として活躍している尾道市出身の吉池 宏さんが「第12回日本スポーツグランプリ」に選ばれ、10月4日、平谷 祐宏尾道市長を表敬訪問しました。

 

日本スポーツグランプリは、長年にわたってスポーツに取り組み、顕著な活躍をした中高年齢層の個人やグループに贈られるもので、日本体育協会が制定しました。

 

尾道市出身の吉池さんは、大学卒業後、1964年に体育教師として旧尾道工業高校に赴任。市内初のサッカー部を立ち上げ、監督として尾三地区の新人大会で10年連続の優勝に導きました。

 

また、60歳以上の選手が参加するスポーツと文化の祭典「ねんりんピック」の県代表に選ばれ、チームの優勝に貢献するなど数々の大会で活躍した他、長年 市内の小中学校や高校でサッカーの指導に尽力してきました。

 

80歳になる現在もサッカーの練習に励むなど精力的に活動していて、市役所を訪れた吉池さんは「関係者の方々に感謝の気持ちでいっぱいです。私の力の源です」と話し、平谷市長は「見本になるような生き方で、尾道市民の参考にもなってもらえれば」と話していました。