HOME > ニュース・情報コーナー > 東校ディベート実習

ニュース・情報コーナー

東校ディベート実習

東校ディベート実習   2017年10月6日放送

 

東久保町の尾道東高校で9月20日、国際教養コースの生徒と、交流の為訪れていたカナダの高校生らが、テーマに沿って英語で討論するディベート実習が行われました。

 

グローバル人材の育成に向けて尾道東高校が実施している「クリエイティブマインド開発セミナー」の一環で行われたもので、ディベートには国際教養コースの生徒8人とカナダの高校生2人が参加しました。

 

ディベートの論題は「日本は、移民政策を大幅に緩和すべきである。是か否か」というもので、参加者らは肯定派と否定派に分かれてそれぞれ英語で意見を戦わせました。

 

討論を行う生徒の他、ディベートの進行や時間の管理なども生徒が担当し、見学した国際教養コースの生徒およそ80人もメモを取りながら熱心に耳を傾けていました。

 

セミナーは、自分の意見を持ち英語で議論する力を養う事を目的に今年度初めて実施されたもので、このほかにも国際教養コースの2年生によるカナダでの語学研修が行われ、10月29日には代表の生徒らが英語ディベートの広島県大会に出場する予定です。