HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道市 成人式

ニュース・情報コーナー

尾道市 成人式

尾道市成人式 2018年1月10日放送

 

2018年尾道市成人式が1月7日、栗原町の「びんご運動公園」で開かれ、尾道市では男女合わせて1,305人が新成人としてのスタートを切りました。

 

今年の式には、男性466人、女性478人の合計944人が出席しました。オープニングで、尾道ベッチャー太鼓のメンバーが2曲を演奏し、メンバーの高校生が新成人へお祝いの言葉を贈りました。

 

式では、佐藤昌弘教育長の開式の辞に続き、平谷祐宏尾道市長が式辞を述べました。

 

そして、昨年、尾道市小中学校芸術祭合唱コンクールでグランプリを受賞した、高須小学校の児童が新成人に歌とメッセージを贈りました。

 

その後、新成人を代表して、向島中学校出身で現在自衛隊員の岡龍ノ介さんと、将来尾道の文化財を守る目標を持ち、奈良県の大学で学んでいる柿本真琴さんが二十歳の誓いを述べました。

 

最後に新成人が、およそ6年前当時の中学校合唱コンクールで歌った合唱曲「風の中の青春」を全員で歌いました。

 

今年は、1997年4月2日から1998年4月1日までに生まれた男性670人と女性635人の合計1,305人が成人の日を迎え、昨年に比べて6人増加しました。