HOME > ニュース・情報コーナー > 山口信哉さん油彩画展

ニュース・情報コーナー

山口信哉さん油彩画展

山口信哉さん油彩画展 2018年2月5日放送

 

尾道美術協会 会員の山口 信哉さんによる油彩画展が2月15日まで、山口さんが経営する久保1丁目の「画廊喫茶かのこ」で開かれています。

 

会場には、ベッチャー祭りや三体廻し、山波町のとんどの他、季節ごとの風景を切り取ったものなど合わせて13点が展示されています。

 

作品の中には100号の大作もあり、躍動感のある祭りや美しい夕焼けの風景など、見応えのある作品が訪れた人の目を楽しませています。

 

山口さんは尾道生まれで、およそ5年半前の帰郷以来、油彩画などの制作に取り組んでいます。

 

昨年、「画廊喫茶かのこ」の経営を引き継いでからは、今回が初めての個展で、山口さんは、「祭りの絵は勢いと臨場感、風景画は表情を変える空模様を楽しんでほしい」と話していました。

 

山口さんの個展は2月15日まで、画廊喫茶かのこで開かれています。