HOME > ニュース・情報コーナー > ゆめみ保育園 発表会

ニュース・情報コーナー

ゆめみ保育園 発表会

ゆめみ保育園 発表会 2018年2月13日放送

 

高須町のゆめみ保育園の発表会が1月27日、向島町の尾道市民センターむかいしまであり、出演した園児らが、歌や演奏、英語劇などを披露しました。

 

ゆめみ保育園は6か月の乳児から未就学児までの55人が通う保育園で、毎年1回発表会を開いています。

 

園児らは、練習してきた成果を舞台上で元気に披露し、訪れた多くの保護者らは子ども達の成長した姿に目を細めていました。

 

発表会では、3歳のくま組と、4歳と5歳のぞう組が楽器演奏と手話を使った合唱を行い、続いて登場した2歳のうさぎ組も歌と演奏を披露。客席の保護者らは、手拍子などをしながら可愛らしい子ども達の姿を見つめていました。

 

 ぞう組の子ども達は、英語を習っているJR尾道駅前の英会話国際スクール外国人講師 フィリップ先生と出演し、普段の英会話の様子を披露。フィリップさんの司会で園児が英語で自己紹介し、パネルに書いた画を英語で説明していました。

 

その後も、くま組の園児がリズムにのって道路標識や働く車の紹介を行い、保護者から大きな拍手が送られていました。

 

ゆめみ保育園は、1979年に家庭保育園として開園。手話や英会話のほか、敬老会や餅つきなど様々な行事に参加し、地域一体となった保育活動を行っています。