HOME > ニュース・情報コーナー > わけぎ料理教室

ニュース・情報コーナー

わけぎ料理教室

わけぎ料理教室 2018年3月16日放送

 

尾道スローフードまちづくり推進協議会は、3月3日、東尾道のJA尾道市調理室で、尾道の特産品わけぎを使った料理教室を開きました。

 

日本一の生産量を誇る尾道のわけぎをもっと知って貰おうと、今回初めて開かれ、小学生の親子10組と、学校で栄養について指導している教諭らが参加しました。

 

吉和わけぎ部会の安井幸恵子さんと、安松恵子さんに指導を受けながら、全員でわけぎのチジミと、わけぎのパウンドケーキを作り、試食しました。

 

その後、安井さんと安松さんが実演をしながら、わけぎのぬたの作り方を説明。ぬたは、わけぎを日本酒で炒めると美味しくなるなど、ポイントを解説していました。

 

最後は、吉和中学校の生徒が作ったわけぎを題材にしたオリジナルソングを聞きながら、全員でぬたなどを試食しました。

 

尾道では、向島を中心におよそ200戸の農家がわけぎの生産に取り組んでいます。

 

尾道スローフードまちづくり推進協議会の新苗美緒さんは、「これからも、尾道の美味しいものをどんどん紹介していきたい」と話していました。