HOME > ニュース・情報コーナー > AFS留学生歓迎会

ニュース・情報コーナー

AFS留学生歓迎会

AFS留学生歓迎会 2018年4月16日放送

 

交換留学の支援を行なっているAFS尾三支部主催の留学生歓迎会が4月15日、門田町の尾道市総合福祉センターでありました。

 

歓迎会には、留学の支援者や、市民らおよそ60人が参加し、3月末から尾三地区に留学している3人の学生を迎えました。

 

岡野司支部長が、世界で起きている紛争について触れ、「お互いを理解するためにもAFSの交流の輪が広がれば」と挨拶し、留学生3人が自己紹介しました。

 

3人は、母国の歴史や文化について話し、ボスニアヘルツェゴビナから三原高校に留学しているチャッキー君は、自国の食べ物や、おやつを紹介していました。

 

尾道東高校に留学中のカタリーナさんは、出身国のチリについて「南北に細長いユニークな形の国の地図」を披露していました。

 

フィンランドから尾道高校へ留学しているアンヌさんは「湖が1万個以上ある国土について」触れていました。

 

海外から留学生を受け入れた平山恵理さんが体験談を語り「自営業で忙しい中ですが、AFS尾三支部メンバーの協力があるので大丈夫でした。受け入れにより新しい事をたくさん知る事ができた」と話していました。

 

その後、留学生への和服の着付けや、写真撮影会などがあり、交流を深めていました。

 

AFS尾三支部では、日本から外国へ留学する生徒や、日本で留学生を受け入れるホストファミリーを募集しています。

 

関心のある方は、お気軽にAFS尾三支部まで、お問い合わせ下さい。info-bisan@afs.or.jp