HOME > ニュース・情報コーナー > 文化遺産パートナー講座

ニュース・情報コーナー

文化遺産パートナー講座

文化遺産パートナー養成講座 認定証交付・講座 2018年5月9日放送

 

 

日本遺産に関する講座と文化遺産パートナー養成講座の認定証交付が4月26日、東御所町の「しまなみ交流館」で行なわれました。

 

開会式で、尾道市歴史文化まちづくり推進協議会の寺岡昭治会長が「協議会は日本遺産という資源を活用しながら広域的な交流を進めている。これからも歴史文化を生かした、まちづくりを進めて行きたい」と挨拶しました。

 

平谷祐宏尾道市長は「御調町の石見銀山の運搬ルートなど、合併した地域も含めて日本遺産となることで尾道の新たなスタートを切りたい」と、箱庭的都市と村上海賊に続いて申請中の石見銀山街道に期待を寄せていました。

 

講座に先立ち、文化遺産パートナーに認定された3人に認定証が贈られました。文化遺産パートナーは、観光客らに日本遺産の関連文化財について説明を行なうなど活動する予定です。

 

講座では、尾道市文化財保護委員の三浦正幸さんが「尾道市の中世建造物」と題して話を進めました。

 

浄土寺の多宝塔など、建造物の図を用いてその特徴などを解説し、建物から見た尾道の繁栄を語りました。

 

この講演会の様子は、5月14日から、ご覧のコミュニティチャンネルで放送予定です。お楽しみに。