HOME > ニュース・情報コーナー > 全国千光寺会 サミット

ニュース・情報コーナー

全国千光寺会 サミット

第1回「全国千光寺の会」サミット 2018年6月19日放送

 

 

日本各地の「千光寺」関係者が集う「全国千光寺の会」第1回サミットが6月4日(月)、東土堂町の千光寺でありました。

 

全国には真言宗や曹洞宗など41の千光寺があり、この日は、会員となった29の寺のうち岡山県や愛知県、大分県などの12の寺の住職たち17人が出席しました。

 

会合では会長に尾道の千光寺の多田義信前住職を選び、毎年「サミット」を開くなどの会則を決めたほか、千光寺をもっと多くの人に知ってもらおうと、参加者からは互いのホームページにリンクを貼るなどの提案も行われました。

 

この会は、全国にある千光寺と名のつく寺が集まり、交流の輪を広げようと設立したもので、多田前住職が発起人を務めています。多田前住職は、以前、参拝者の帳面に押された朱印が全て千光寺だったことに驚き、自らも全国の千光寺巡りを開始。北は北海道から南は宮崎県までの41ヶ寺をおよそ20年かけて巡りました。今年1月に寺の名簿を各寺に送ったところ、受け取った寺からサミット開催の提案があり、今回実現しました。

 

次回のサミットは10月に岐阜県高山市にある千光寺で開催される予定です。

 

多田前住職は「訪ねた先では、同じ名前の寺という事でとても親切にしてもらった」と懐かしみ、「仏縁を繋ぐきっかけ作りができた。情報交換をしながら社会に貢献していきたい」と話していました。