HOME > ニュース・情報コーナー > 交通安全 委嘱式

ニュース・情報コーナー

交通安全 委嘱式

交通安全 委嘱式   2018年9月12日放送

 

向東町の尾道自動車学校で9月10日、交通違反や事故の防止を図る地域リーダーと、安全・安心ステーションの委嘱式がありました。

 

これは、向島での交通事故増加を受け、地域の人たちに交通違反と事故防止のリーダーとして、また、尾道自動車学校に交通安全情報などの発信拠点として協力してもらおうと開かれました。

 

委嘱式の前には、自動車学校の教習コースで事故の事例を学ぶ講習が開かれ、向島町と向東町から参加した地区の代表者たち18人が、尾道警察署の職員から具体的な事故の事例などを聞きました。

 

発生件数の多い、出会いがしらの事故と左折時の巻き込み、右折車と直進車の事故が起きる原因などについて説明があり、参加者らは熱心に耳を傾けていました。

 

委嘱式では、安全・安心ステーションの委嘱状が、尾道自動車学校の植田勝己校長に、違反事故ゼロ推進リーダーの委嘱状が、向島と向東の区長会長にそれぞれ手渡されました。

 

今後、尾道自動車学校では、向島や尾道で事故が多い場所を記したマップをロビーに掲示、推進リーダーは地域の人たちに情報を共有するなどして交通事故防止を図ります。

 

向島町と向東町で、2017年に起きた交通事故は前年より5%多い494件で、今年も7月末までに合計で287件の事故が発生。尾道署によると、特に朝夕の交通量が多い時間帯での追突事故が多いという事です。