HOME > ニュース・情報コーナー > 有井作業場 見学会

ニュース・情報コーナー

有井作業場 見学会

有井作業場 見学会 2018年10月5日放送

 

広島刑務所尾道刑務支所が運営する向島町の有井作業場で10月4日、関係者を招いた施設の見学会が行われました。

 

これは、有井作業場の開設50周年にあたり行われたもので、作業場の運営に協力している興進産業や、向島の各地区の区長会などからおよそ10人が参加しました。

 

有井作業場は、全国に4カ所ある開放的な矯正施設の1つで、受刑者は寮に寝泊まりし、近くにある興進産業の工場で一般の従業員と共に船の部品などを作っています。

 

寮には塀や鍵がなく、施設への出入りも自由で、これまでにおよそ1,300人の受刑者を受け入れていて、脱走事件は過去1度も起きていません。

 

今回の見学会は、作業場の運営に協力する関係者たちへの感謝を表す場として行われたもので、見学後には新浜1丁目の尾道国際ホテルで記念式典が開かれました。

 

参加した有井地区 区長の金森 泉さんは「これまで脱走事件が起きなかったのは、尾道刑務支所や興進産業などが、受刑者との信頼関係を築いてきたおかげです」と話していました。