HOME > ニュース・情報コーナー > 瀬戸田小 パンフ作り

ニュース・情報コーナー

瀬戸田小 パンフ作り

瀬戸田小 耕三寺パンフレット作り 2018年10月17日放送

 

瀬戸田小学校の児童たちが現在、瀬戸田町の耕三寺博物館のパンフレットを作る学習に取り組んでいて、10月15日に見学会が行われました。

 

この取り組みは、瀬戸田小の地域学習の一環として、今回初めて行われているもので、児童たちは見学を通して博物館の子ども向けのパンフレットを制作します。

 

見学会では、2年生64人が8班に分かれて、学芸員の案内で館内を見て回りました。

 

児童たちは、五重塔や羅漢堂、孝養門などの建物を見学し、写真を撮りながら熱心に学芸員の説明を聞いていました。

 

参加した鎗屋 蓮樹君は「見慣れた場所でも普段聞くことのできない話が聞けました。見る人に楽しんでもらえるパンフレットを作りたい」と話していました。

 

耕三寺博物館は、耕三寺の付属博物館として1953年に開館し、館内には国の登録有形文化財に指定された仏堂や仏塔があります。

 

今回のパンフレットは、幅広い年代に耕三寺博物館を知ってもらおうと作られていて、今年中に館内で配布される予定です。