HOME > ニュース・情報コーナー > 岩子島1day海の駅

ニュース・情報コーナー

岩子島1day海の駅

岩子島1day海の駅 2018年10月22日放送

 

島の景色と共に飲食や様々な体験を楽しむイベント「岩子島1day海の駅」が10月21日、向島町の岩子島厳島神社付近で開かれました。

 

これは、岩子島の魅力をより多くの人に知ってもらおうと、イベントを運営する島マルシェ実行委員会が初めて開催したもので、会場では食べ物が販売されるマルシェや、島の環境を活かした体験を行うワークショップが開かれました。

 

マルシェのブースには、島の内外から10店舗が出店し、カレーやコーヒー、揚げ物や洋菓子などが販売され、訪れた人たちが海の風を感じながら食事を楽しんでいました。

 

ワークショップでは、浜辺で心と体を癒すヨガの体験などがあり、参加した人たちは波の音を聞きながら体を動かし、ゆったりとしたひと時を過ごしていました。

 

その他にも、市内の子どもたちによる演奏会や、西日本豪雨災害の時に避難所で使われていた紙筒でいかだを作る体験もあり、幅広い年代の人たちが参加して賑わいました。

 

向東町から子どもと訪れた女性は「普段岩子島を訪れる機会は少ないですが、島ののどかな雰囲気がとても気に入りました」と話していました。

 

実行委員会 代表の岡野 三智子さんは「岩子島は静かで穏やかな時間を過ごせるのが魅力の一つです。今後もイベントなどを通して多くの人に知ってもらいたい」と話していました。