HOME > ニュース・情報コーナー > 瑞風乗組員 市にお礼訪問

ニュース・情報コーナー

瑞風乗組員 市にお礼訪問

瑞風 乗組員 市にお礼訪問 2019年2月14日放送

 

JR西日本の寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」の利用客におもてなしをしている尾道市に対して、感謝の気持ちを伝えようと2月12日、瑞風の乗組員たちが平谷祐宏市長を訪問しました。

 

市長室には、乗組員や関係者たちおよそ20人が訪れ、JR西日本 瑞風推進事業部の岡田 学部長が、「瑞風の乗客が一番感動するのは、立ち寄った場所での地元の皆様によるおもてなしです」と感謝の言葉を述べました。

 

平谷市長は「JR尾道駅 新駅舎の開業も控えているので、今後も瑞風による地域振興に期待しています」と話し、乗組員から平谷市長へ記念品が手渡されました。

 

瑞風は、大阪、京都、下関を発着駅に、1泊または2泊で山陽本線と山陰本線を周遊する列車で、山陽エリアでは尾道市を含む5カ所に立ち寄ります。

 

尾道市では、瑞風が立ち寄った際に、平谷市長や地元住民たちが駅の構内で乗客を出迎えている他、観光で尾道水道をクルージングする乗客たちに、市の職員が庁舎から手を振るなどして歓迎しています。

 

2017年6月の運航開始から、2018年12月末までの乗客の総数はおよそ3,800人で、次回は3月12日にJR尾道駅 新駅舎へ立ち寄る予定です。

月間アーカイブ

最近の投稿