HOME > ニュース・情報コーナー > 6月議会 開会

ニュース・情報コーナー

6月議会 開会

尾道市議会6月定例会 開会 2019年6月17日放送

 

 

尾道市議会は6月17日、定例会を開会し報告8件と、3億1千万円を増額し、652億6千万円とする2019年度一般会計補正予算案など27議案を上程しました。

 

4月の選挙後の初めての定例議会ということもあり、議案の説明に先立って、平谷祐宏尾道市長が所信表明し、「災害からの早期復旧や生活基盤の強靭化」など、4つのテーマで町づくりの決意を語りました。

 

補正予算案の主なものは、高須町や御調町などの幼稚園、保育所、小学校の教育の連携を推進する事業に260万円、小学校4校の体育館の照明等を耐震補強する事業に9500万円などとしています。

 

また、尾道港開港850年の関連事業に500万円を増額し、航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」を呼び、会場の整備や警備などを強化します。

 

歳入では、尾道市の貯金である財政調整基金を1億3千万円取り崩します。

 

その他の議案の主なものは、道路の災害復旧工事に係る工事契約や、尾道市立市民病院で重度障害者の短期入所の事業を始める条例改正、尾道ふれあいの里にある老朽化したキャンプ場を廃止する条例改正などが上げられています。

 

その他、消防団のポンプ車や高規格救急車を購入する議案なども上がっています。

 

定例会の会期は7月2日までの16日間で、議会は6月19日から21日にかけては、一般質問が行われます。

 

「ちゅピCOMおのみち」では3日間とも生放送・再放送を予定しています。本日の議会の模様は21:00から再放送します。市長の所信表明などを是非ご覧ください。

月間アーカイブ

最近の投稿