HOME > ニュース・情報コーナー > 市長会見 災害協定

ニュース・情報コーナー

市長会見 災害協定

定例市長会見 10社と災害協定 2019年6月24日放送

 

 

定例尾道市長記者会見が6月24日にあり、大規模な災害が発生した時に、避難所での生活に必要な日用品や、物資などを供給するため、尾道市と市内外の10の企業が協定を結びました。

 

 

協定の締結式には、平谷祐宏尾道市長や、高須町の総合レンタルショップ「R&Rレンタル尾道」の杉原寛社長、東尾道の建設機械レンタル「長浜産業」の若林真尾道営業所長、御調町の居宅介護支援事業所の上西雄士社長たち、企業の代表が出席して、協定書へサインしました。

 

2018年7月の豪雨災害を受けて尾道市は、断水や停電・人命救助の際に必要なものや、避難所で足らないものなどの把握に努め、このたびの協定締結となりました。

 

協定により、避難所の仮設トイレ・シャワーハウス・段ボールを使ったベッド・冷風機・冷蔵庫など、避難所の環境改善に必要なものや、食料や衣類・日用品など、被災者の生活必需品を円滑に配布する事が出来ます。

 

又、太陽光発電システムを備えた「ソーラーシステムハウス」の救助現場への設置と、重機の迅速な手配や、避難所としてサービス付き高齢者向け住宅の提供を受ける事等も協定に盛り込まれています。

 

会見ではこの他、尾道市の公式LINEを使った防災対策や、市内の有名ラーメン店の休業についてなど、質問があり、それぞれ市長が答えました。

 

会見の模様は、24日の21:00からと、25日の7:00と11:00からの3回放送予定です。

月間アーカイブ

最近の投稿