HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道市内 詐欺電話 被害

ニュース・情報コーナー

尾道市内 詐欺電話 被害

尾道市内で警察署員を騙る詐欺電話で被害発生 2019年7月8日放送

 

 

尾道市内で7月5日、尾道警察署の署員を名乗る男からの詐欺電話がかかり、70歳代の女性が、キャッシュカードを盗まれ、預金を引き出される被害が発生しました。


尾道警察署の情報によりますと、詐欺の内容は、尾道警察署の署員を名乗る男から電話があり、「あなたの年金が引き出されています」「金融庁の職員が確認に行きますのでキャッシュカードと暗証番号を準備しておいてください」と言われ、その後 金融庁の職員を騙る(かたる)男が自宅を訪れ、カードと暗証番号のメモを封筒に入れるよう指示。目を放した隙に封筒がすり替えられ、カードが盗まれたというものです。

 

警察官は口座番号や暗証番号を聞くことはありませんし、キャッシュカードや通帳を受け取りに行く事もありません。

不振な電話に注意してください

月間アーカイブ

最近の投稿