HOME > ニュース・情報コーナー > 住吉浜にスーパー開店

ニュース・情報コーナー

住吉浜にスーパー開店

住吉浜にスーパー開店 2019年7月11日放送

 

 

栗原町などでスーパーを経営する株式会社「ゆきひろ」は7月8日、十四日元町に新しい店舗をオープンしました。

 

店の名前は、TSURUYA Smile mini Market 住吉浜店で、広さはおよそ100㎡、野菜・果物・惣菜・精肉・弁当・菓子類など1,000品目以上を常時揃えています。

 

地元産品の品揃えが豊富で、吉和や向島のトマト、尾道の桃など、新鮮な野菜や果物などが所狭しと並んでいます。営業時間は、現在9:00~17:00までで、7月13日からは、10:00~18:00になります。定休日は木曜日です。

 

市中心部では、尾道本通り商店街にあったスーパー「鶴屋」が閉店した他、天満町のイオン尾道店が休業となるなど、高齢者を中心に買い物に行く場所が無くなったとの声が上がっていました。

 

訪れた人たちは「近くにスーパーが無くなったので嬉しい」と話していました。

 

店に置いていないもので、本店にあるものは当日の取り寄せが可能ということで、木村浩文店長は「小回りのきく営業を行って行きたい」と話していました。

 

「ゆきひろ」は、2018年の7月から、「おのみちバス」と協力して、十四日元町の「ゆとりの広場」で、軽トラックに商品を積んで販売する移動販売車を運行するなど、地元のスーパーとして地域に貢献しています。

月間アーカイブ

最近の投稿