HOME > ニュース・情報コーナー > 喫茶かのこ山口さん個展

ニュース・情報コーナー

喫茶かのこ山口さん個展

画廊喫茶かのこ 山口さん個展 2019年7月18日放送

 

尾道美術協会 会員の山口 信哉さんによる油彩画展が7月30日まで、山口さんが経営する久保1丁目の「画廊喫茶かのこ」で開かれています。

 

会場には、尾道祇園祭の三体廻しやベッチャー祭り、尾道水道の風景を切り取ったものなど合わせて14点が展示されています。

 

三体廻しを描いた100号の大作は、表面に絵の具を散らすことで、神輿の担ぎ手にかけられた力水を表現していて、祭りの躍動感を感じることができます。

 

夕暮れの尾道水道を描いた作品は、夕焼け色に染まる空や海が美しく描かれていて、訪れた人たちの目を楽しませています。

 

山口さんは尾道生まれで、およそ7年前に帰郷して以来、尾道の祭りや風景を中心とした油彩画の制作に取り組んでいます。

 

2017年に「画廊喫茶かのこ」の経営を引き継いでからは、今回が2回目の個展で、山口さんは、「作品展を通して、尾道らしさを感じてもらえれば嬉しい」と話していました。

 

山口さんの個展は7月30日まで、画廊喫茶かのこで開かれています。

月間アーカイブ

最近の投稿