HOME > ニュース・情報コーナー > 災害復興支援イベント

ニュース・情報コーナー

災害復興支援イベント

災害復興支援イベント 2019年7月23日放送

 

 

防災士から学ぶ「座談会」と、震災の被災地の名産品を味わう「食のイベント」が7月6日、東御所町のグリーンヒルホテル尾道などでありました。

 

復興応援イベント2019in尾道「尾道からエール!海沿い縁日」と題したイベントで、座談会の会場には、およそ50人が訪れ、防災について考えました。

 

会場では、東日本大震災と熊本地震の被災地から招いたパネリストと、尾道市防災士ネットワークの会員が防災について語りました。

 

宮城県気仙沼の社会福祉法人 理事長の佐藤由美子さんは、復興の様子を語り「災害に対して、身近な、出来ることから、少しでも取り組んでほしい」と話していました。

 

熊本県益城町の特別養護老人ホームの楠田幸司(くすだ こうじ)さんは、被災直後の混乱した様子を語り「福祉避難所の運営シミュレーションを行うことの大切さ」を訴えました。

 

尾道の防災士、毎田俊輔(まいだ しゅんすけ)さんは、町内で取り組んでいる先駆的な活動を伝え「地域独自の防災マップの作成の必要性」を語りました。

 

座談会終了後は、駅前緑地広場で、ステージ発表や、食のイベントが行なわれ、尾道のお好み焼きと共に、気仙沼の名物「気仙沼ホルモン」や、「熊本の馬肉」を使ったメニューが並び、人気を集めていました。

 

主催者の1人、宇根本茂さんは「西日本豪雨災害から1年と言う事で、尾道は安全という認識を改めて、防災に努めていきたい」と話していました。

 

イベントの収益金の一部は、尾道を含む災害被災地に寄付されます。

月間アーカイブ

最近の投稿