HOME > ニュース・情報コーナー > 映画「赤い雪」舞台挨拶

ニュース・情報コーナー

映画「赤い雪」舞台挨拶

映画「赤い雪」舞台挨拶 2019年7月23日放送

 

 

東御所町のシネマ尾道で7月20日、映画「赤い雪 Red Snow」の上映があり、出演者の永瀬正敏さん、菜葉菜さん、甲斐さやか監督の舞台挨拶が行われました。


映画「赤い雪 RED SNOW」は、実話の少年失踪事件を元にしたミステリーサスペンス映画です。

 

上映後に行なわれた舞台挨拶で、永瀬さんと菜葉菜(なはな)さんは、撮影時のエピソードを語りました。

 

菜葉菜さんは、尾道の印象を「とても素敵な所で何度でも訪れたくなります」と話し、甲斐監督は、「シネマ尾道」の印象を「受付から階段を上がって行くところがレトロで素敵ですね」と話しました。

 

所属事務所の岡野彰(おかの あきら)社長が向島出身ということで、永瀬さんは、「尾道は、2回目ですが、特別な親近感を覚えます」と話していました。

 

市内から観賞に訪れた越智妙子さんは、「映像が斬新で、特に雪の場面が印象に残りました」と感想を述べていました。

 

映画「赤い雪 Red Snow」は、8月2日まで、シネマ尾道で上映中です。

月間アーカイブ

最近の投稿