HOME > ニュース・情報コーナー > しまなみ遠泳大会

ニュース・情報コーナー

しまなみ遠泳大会

瀬戸田・しまなみ遠泳大会 2019年8月5日放送

 

 

生口島から佐木島まで泳ぐ「第24回瀬戸田・しまなみ遠泳大会」が8月4日に行なわれました。

 

瀬戸田B&G海洋センターの倉庫前で開会式があり、出場者14人と、付き添いで泳ぐサポーター16人が式に参加。主催者挨拶、尾道市議会議員の祝辞に続いて、参加した子ども達の代表が選手宣誓を行いました。

 

式終了後、近くの桟橋から参加者が次々と海に飛び込み、およそ800m先の佐木島を目指しました。

 

最年少は小学2年生、最年長は50歳代と幅広い年代の参加があり、2人1組が隊列を組んで泳ぎ、子ども達は、途中「しりとり」をしながら泳ぐ余裕を見せ、昨年より早いペースで進んでいました。

 

潮の流れなどもあり、参加者は1.2kmほどを、およそ35分で泳ぎきり、佐木島の砂浜に、次々とゴールしました。

 

砂浜では、かき氷などが用意されていて、子ども達が嬉しそうに食べて、疲れを癒していました。

 

大会は、瀬戸田町で活動している「せとの海に遊ぶ会」と「地域の子ども会」の主催で、遠泳を通して子ども達に挑戦する心を持ってもらおうと開かれています。

月間アーカイブ

最近の投稿