HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道市医師会 災害協定

ニュース・情報コーナー

尾道市医師会 災害協定

尾道市医師会 災害協定     2019年8月8日放送

 

尾道市医師会と尾道市は8月8日、久保1丁目の尾道市役所で災害時の医療救護活動に関する協定を結びました。

 

この協定は、災害が発生した時の素早い医療救護活動の実施を目指して結ばれたもので、尾道市医師会の宮野良隆会長たちと平谷祐宏尾道市長が式に出席し、協定書を交わしました。

 

尾道市医師会と尾道市の間では、1995年に災害協定が結ばれていますが、今回は、大規模災害に備え2018年2月に医師会が作成した「災害対策マニュアル」に基づき、内容を変更して再度協定を締結しました。

 

医師会の災害対策マニュアルは、災害時に広島県や尾道市の医療機関と連携することや、尾道市医師会独自で設置する災害対策本部。県や市からの要請で行う医療救護班の派遣などについて定めています。

 

尾道市との協定では、医療救護活動に加えて、市の災害対策本部へ医師会から調整役のスタッフを派遣することが盛り込まれていて、医師会の情報や地域の医療ニーズなどを市と共有することで、より円滑な災害対応に繋げる狙いです。

 

尾道市医師会の宮野会長は「医師会は尾道市民の健康と命を守ることが最大のミッション。この協定が災害時に役立つことを願っている」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿