HOME > ニュース・情報コーナー > 議会一般質問 初日

ニュース・情報コーナー

議会一般質問 初日

議会一般質問 初日 2019年9月4日放送

 

 

尾道市議会定例会が9月4日に開かれ、8人の議員が一般質問を行いました。

 

午前中は、平成会の4人の議員が登壇し、二宮 仁議員は障害福祉サービスの利用者が65歳以降、介護保険制度に移行することで、受けられるサービスに違いが出る問題について質しました。

 

平谷祐宏尾道市長は「介護保険への移行でこれまでのサービスを受けることが出来ない場合は、不足分を受給できるよう市独自で基準を定めて支給決定している。サービスの移行で利用者負担が生じる場合、償還制度を2018年4月から始めている」と答えました。

 

災害への備えとして、防災行政無線の受信機を各世帯へ個別配備すべきとした吉和宏議員の質問に平谷市長は「今議会にポケベル波を使用したデジタル防災無線の補正予算をお願いしており、議決されれば実施設計を進めていきたい」と述べました。

 

午後から質問に立った市民連合の檀上正光議員は、尾道市内で獲れた野菜などの学校給食への使用について質しました。

 

佐藤昌弘教育長は「2022年度には、学校給食における市内食材の使用率を15%にする目標を立てている。18年度は、11.3%だった」と述べ、「2018年度からJA尾道市と連携して野菜の出荷時期の一覧表を貰い、地場の野菜を優先的に納入できるよう取り組んでいる」と答えました。

 

山戸重治議員は、防災情報の伝達についてなど訊ねました。

 

行政の防災情報を受信する個別受信機の設置を進める考えを示した平谷市長は「2021年度の運用開始を目指している。配信設備の整備にかかる金額は、およそ3億6,000万円で、交付税措置の対象」と答えました。

 

続いて、尾道市の担当者は、聴覚に障害がある人のために「個別受信機には、文字表示機能を付ける」と述べ、受信機の設置に要する市民の負担や、対象世帯の範囲などは「未定」と答えました。

 

議会ではこの他、議会運営委員会の委員の選任があり、先日亡くなった城間和行議員に代わり、檀上議員が委員に選ばれました。

 

議会の様子は本日、4日の21:00から再放送します。午後からは新和会の議員2人も質問を行ないました。

 

5日も引き続き一般質問が行われ、ちゅピCOMおのみちでは、10時と13時から生放送する予定です。

月間アーカイブ

最近の投稿