HOME > ニュース・情報コーナー > 議会 一般質問 2日目

ニュース・情報コーナー

議会 一般質問 2日目

尾道市議会 一般質問 2日目 2019年9月5日放送

 

 

昨日に引き続き、尾道市議会定例会が9月5日に開かれ、6人の議員が一般質問を行いました。

 

午前中は、尾道令和会と青嵐会の3人議員が登壇しました。尾道令和会の岡野斉也議員は、禁煙が進む中、新庁舎の喫煙場所についてなど、質問しました。

 

平谷祐宏市長は「新庁舎には、広い市民スペースや一般開放の屋上を設けることから、喫煙場所を設置することは困難であり、職員と来庁者の喫煙場所も設けない」と答えました。

 

青嵐会の村上隆一議員は、地下に設けられた溝である「暗渠」(あんきょ)について、津波や高潮による水の逆流対策を聞きました。

 

平谷市長は「暗渠のある川は防地川・旧栗原川・長江川で、旧栗原川には水門を設置。坊地川はポンプ場に樋門を設けている。長江川は、高低差があるため、上流側での影響はほとんどないと考える」と答えました。

 

午後からは、青嵐会と公明党の議員3人が質問に立ちました。公明党の岡村隆議員は、災害対応に関連して、消防団の器具庫の整備について質しました。

 

今年度は、木ノ庄西・日比崎・瀬戸田北分団の器具庫などが完成予定とした上で、平谷市長は「2020年度、土砂災害特別警戒区域にある原田分団と土生・高見分団の器具庫の整備を予定している」と答えました。

 

岡村議員は、もう一つ災害対応に関連して、尾道市が進めている75歳以上の世帯への火災警報器の設置状況について質問しました。

 

平谷市長は「2018年度は153世帯に取り付けた。今年度も9月から231世帯へ順次設置を行い、2020年度には、計画した全地区への設置が終了する見込み」と答えました。

 

議会の様子は、本日、5日の21:00から再放送します。尾道令和会の大本和英議員は「市内のスポーツ施設について」、青嵐会の宮地寛行議員は、「幼児教育・保育の無償化」に関する質問を、公明党の加納康平議員は「障害児福祉」について訊ねました。

 

6日も引き続き尾道市議会定例会の一般質問が行なわれ、「ちゅピCOMおのみち」では、10:00からと13:00から生放送予定です。

月間アーカイブ

最近の投稿