HOME > ニュース・情報コーナー > 救急の日 市民講座

ニュース・情報コーナー

救急の日 市民講座

救急の日 市民公開講座 2019年9月12日放送

 

 

9月9日の救急の日に合わせて8日、尾道市医師会などの主催で防災に関する講座が開かれました。

 

尾道市医師会・因島医師会と尾道市の共催で行われた講座で、「平成30年7月豪雨を経験して大規模災害に備える」と題して行われました。

 

会場では、尾道市医師会理事の菅原由至さんを座長に3人の講師が防災について話しました。

 

尾道市病院事業管理者の突沖満則さんは「救護所・避難所の基礎知識」について話しました。

 

続いて、災害拠点病院の役割と題してJA尾道総合病院の瀬浪正樹顧問が話しました。

 

最後に尾道市の危機管理担当主幹の田村斉さんが昨年の豪雨災害を受けて命を守る行動について話しました。

 

この講座の模様は10月14日から放送予定です。お楽しみに!!

月間アーカイブ

最近の投稿