HOME > ニュース・情報コーナー > 市長会見 サイクルルート

ニュース・情報コーナー

市長会見 サイクルルート

定例市長会見 ナショナルサイクルルート 2019年9月19日放送

 

 

尾道市長定例記者会見が9月19日にあり、しまなみ海道がナショナルサイクルルートの候補に選ばれた事などが改めて発表されました。

 

日本を代表するサイクリングロードを指定し世界へ向けて発信する「ナショナルサイクルルートの制度」は、国土交通省が今年初めて創設したものです。

 

誰でも安全に走行できる環境や、宿泊の受け入れ体制など5つの観点からルートを選定し、今回 第一次候補に「しまなみ海道」と、「茨城県霞ヶ浦のサイクリングロード」「滋賀県の琵琶湖を周るサイクリングロード」の3ヶ所が選ばれました。

 

しまなみ海道は、国際サイクリング大会の開催や、自転車道の無料化なども評価されていて、今後は、政府の第三者委員会の審査を経て、10月をめどに正式に発表が行われる予定です。

 

平谷祐宏尾道市長は「今までの取り組みが評価されての一次候補だと認識している。国を代表するルートとして、国のお墨付きが得られる形となり、大きなチャンスだ」と喜びを語りました。

 

正式に指定されると、政府の観光局などが国内外に情報を発信し、自転車道としての環境整備の支援が重点的に行われる見込みで、平谷市長は「案内表示の多言語化や、ブルーラインをさらに見えやすくするなど、充実させたい」と意気込んでいました。

 

会見では この他、災害時に避難所で活用する資材の寄贈などが行われました。

 

この模様は、19日21:00からと、20日7:00と15:00から放送予定です。

月間アーカイブ

最近の投稿