HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道ガウディハウス完成

ニュース・情報コーナー

尾道ガウディハウス完成

尾道ガウディハウス 完成 お披露目会 2020年2月25日放送

 

 

認定NPO法人「尾道空き家再生プロジェクト」は、2月22日から3日間、空き家再生活動のきっかけとなった尾道市三軒家町にある住宅、通称「尾道ガウディハウス」の完成お披露目会を開きました。

 

期間中は、多くの人が訪れ、斜面に沿った複雑な間取りや内装、外観の特徴である「飾り屋根」などを、興味深そうに見学していました。

 

1933年に建てられた「尾道ガウディハウス」は、延べおよそ95平方メートルの、和洋折衷の2階建て木造住宅で、国の登録有形文化財になっています。

 

1980年代から空き家となり、床の一部が崩れるなど、傷みの激しかった洋館部分を中心に、尾道空き家再生プロジェクトが、14年にわたって修復を行ないました。

 

建築された当時のものを残しながらも、新たに浴槽を設置したり、古いたんすをアレンジして、洗面台を作ったりするなど、独自に手を加えました。

 

建物は、尾道空き家再生プロジェクトの豊田雅子代表理事が、2007年に自費で購入して、修復活動を公開するなど、様々なイベントで活用しました。

 

これらの活動をきっかけに、空き家の再生を通じて地域の活性化に取り組むNPO法人の結成に繋がりました。

 

現在、プロジェクトが再生した物件は、尾道市内に18件ほどあり、ゲストハウスや芸術作品の展示スペースなどに活用されています。

 

尾道ガウディハウスは、春以降に、宿泊施設やレンタルスペースとしての利用が始まる予定です。詳しくは公式のHPをご覧ください。

月間アーカイブ

最近の投稿