HOME > ニュース・情報コーナー > お江戸ライフ 展覧会

ニュース・情報コーナー

お江戸ライフ 展覧会

「花のお江戸ライフ」展覧会 2020年3月27日放送

 

 

浮世絵を通して江戸時代の生活を見る展覧会「花のお江戸ライフ 浮世絵にみる江戸っ子スタイル」が5月6日まで、西土堂町の尾道市立美術館で開かれています。

 

浮世絵を通じて江戸時代の庶民が夢中になった物や、日常の暮らしを伝える特別展で、葛飾北斎や歌川広重、歌川豊国などの作品、合わせて192点が展示されています。

 

展示室ごとに、旅行・動物・化粧・食べ物などのテーマ別に紹介されていて、北斎の富嶽三十六景、広重の東海道五十三次などの作品も見ることができます。

 

鏡に映った化粧をしている女性、格子戸から外を見る猫、犬を連れる外国人、松茸狩りなど、当時の様子が生き生きと伝わる内容になっています。

 

又、幕末から明治時代の浮世絵師で、鳥瞰図を得意とする歌川貞秀(さだひで)が描いた浄土寺山から描いた尾道の風景なども展示されています。

 

入館料は一般800円、高校生大学生550円、中学生以下無料、祝日を除く月曜日が休館、会期は5月6日までです。

月間アーカイブ

最近の投稿