HOME > ニュース・情報コーナー > 黒崎水路 鯉のぼり

ニュース・情報コーナー

黒崎水路 鯉のぼり

黒崎水路 鯉のぼり    2020年4月7日放送

 

JR東尾道駅南側の黒崎水路で、子どもたちの健やかな成長を願う鯉のぼりが登場しています。

 

黒崎水路の鯉のぼりは、地元の高須地区協議会が15年以上前から続けているもので、今年も3月29日から水路を横断するように21匹の鯉のぼりが掲げられています。

 

黒崎水路は、2016年の遊歩道の完成以降、2018年と19年に高須小学校の子どもたちによって歩道脇へ芝生が張りつけられるなど、地域住民の憩いの場として整備が進められています。

 

水路の鯉のぼりは、遊歩道の完成以降、2年ほど途絶えていましたが、昨年から再開され、青空を気持ちよさそうに泳ぐ姿が、訪れた人の目を楽しませています。

 

鯉のぼりは、5月5日の子どもの日を挟んで、5月10日ごろまで見ることができます。

月間アーカイブ

最近の投稿