HOME > ニュース・情報コーナー > 瀬戸田グリスロ開始

ニュース・情報コーナー

瀬戸田グリスロ開始

瀬戸田グリスロ開始    2020年7月3日放送

 

小型電気自動車「グリーンスローモビリティ」の試走が6月29日、瀬戸田町で行われました。

 

グリーンスローモビリティは、観光客などの移動手段の一つとして尾道市で事業化が進められている小型の電気自動車で、JR尾道駅前など市内中心部では、2019年11月に実証事業がスタートしていて、瀬戸田町でも7月4日から始まります。

車両の長さはおよそ4メートル、幅およそ1.3メートル。運転手を含む7人の乗車が可能で、時速20キロ未満で公道を走ることができます。

 

瀬戸田では、瀬戸田港とサンセットビーチを結ぶルートと、同じく瀬戸田港からしおまち商店街などを巡る2つのルートがあり、29日はサンセットビーチまでの道のりを試走して、コースの安全性などを確認しました。

 

グリーンスローモビリティの瀬戸田での実証運行は、7月4日から8月30日までの土、日と、祝日に行われる予定で、期間中は無料で利用することができます。

また、JR尾道駅側のルートも現在運行中で、8月31日までの月、水、金曜日に利用できます。

 

尾道市政策企画課の稲田吉弘さんは「瀬戸田のルートは、港を拠点にした周遊性が特徴。海岸沿いや瀬戸田の町並みをのんびりと楽しんでほしい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿