HOME > ニュース・情報コーナー > 議会 一般質問

ニュース・情報コーナー

議会 一般質問

一般質問 2日目    2020年9月10日放送

 

昨日に引き続き、尾道市議会9月定例会の一般質問が10日にあり、5人の議員が質問を行いました。

 

 

午前中は、青嵐会と尾道未来クラブの3人の議員が登壇しました。

 

青嵐会の村上隆一議員は、イノシシ被害の減少について質問しました。

 

平谷祐宏尾道市長や担当部長は、イノシシ捕獲に関してICT技術のさらなる活用に言及し、「イノシシの成獣を捕らえるために、今年度は、個体の大きさを識別できるアニマルセンサーを6基導入する」と答え、最終的には「捕獲の結果を検証していきたい」と述べました。

 

再質問で、村上議員は「どこで、何頭出没したか地図上で把握して、捕獲の傾向を分析できるシステムの導入」を訴えていました。

 

続いて登壇した、尾道未来クラブの前田孝人議員は「新型コロナウイルスのPCR検査の拡充」を求めました。

 

平谷市長は、広島県が進めている検査体制について「一日の検査能力は、4月に200件だったが、現在は1550件に拡大。さらに11月末までに4000件、年度末までに5700件になる」と述べました。

 

前田議員は「尾道市として、独自の体制を整えて、素早く対応できるよう準備が必要」と要望しました。

 

午後からは市民連合の2人が登壇しました。

 

山戸重治議員は、西日本豪雨災害の復旧状況と、災害時に断水した際の久山田水源池の活用について質問しました。

 

豪雨災害の復旧工事について平谷市長は、「今年8月末現在で、合計2653か所のうち、2443か所、全体の92%が完成している。年度内の完成が厳しい工事もあるが、国の補助を受けられる繰り越し制度の活用も検討し、引き続き取り組みたいと答えました。

 

槙山博之上下水道事業管理者は、災害時の県用水の代替えとして、久山田水源池の水を活用することについて「今年度中に広島県と協定を締結する予定で、締結が行われれば、久山田と坊士浄水場を結ぶ工事に着手し、2021年度中に完了する見込み」と答弁しました。

 

議会の様子は、本日、10日の21:00から再放送します。11日も引き続き尾道市議会定例会の一般質問が行なわれ、「ちゅピCOMおのみち」では、10:00からと13:00から生放送予定です。

月間アーカイブ

最近の投稿