HOME > ニュース・情報コーナー > 西本圭吾さん向島中で指導

ニュース・情報コーナー

西本圭吾さん向島中で指導

西本圭吾さん母校の向島中で指導 2020年11月19日放送

 

 

尾道市出身でバレーボール・Vリーグの東レ・アローズに入団が決まっている福山平成大学の西本圭吾さんが11月9日、母校の向島中学校を訪れバレーボール部員を指導しました。

 

西本さんは向島中学校では野球部に所属し、尾道高校で友人に誘われてバレーボールを始めました。大学では全日本大学選手権でチームの準優勝に貢献し、その活躍をきっかけに東レ・アローズへの入団内定を掴みました。

 

指導を受けたのは1、2年生の部員23人で、身体の成長に合わせた西本さんならではの視点でポイントを伝え、ウォーミングアップやパス練習、サーブの打ち方など、一人一人にアドバイスしていました。

 

西本さんは「伝えたことをすぐに実践しようとしてくれて嬉しかった。これからもバレーを続けて欲しい」と後輩にエールを送り、指導を受けたバレー部女子 部長の田頭芽衣(たがしら・めい)さんは「チームをまとめる大切さを教えてもらった。周りをよく見て、声が掛けられるように頑張りたい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿