HOME > ニュース・情報コーナー > ハンカチ会食呼びかけ

ニュース・情報コーナー

ハンカチ会食呼びかけ

尾道食品衛生協会 ハンカチ会食呼びかけ 2021年1月15日放送

 

 

尾道食品衛生協会は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、国や県などが呼び掛けているマスクをつけての会食ではなく、ハンカチやナプキンなどを使った会食「ハンカチ会食」を呼び掛けています。

 

東尾道にある福利物産株式会社で1月15日、協会の幹部が会見を行い、ハンカチ会食について説明しました。

 

福島光宏会長は「会食中にマスクをとったりはずしたりするのは、なかなか大変なので食事をして途中で話をするときは、ハンカチやナプキンで口元をおおっていただきたい」と話しました。

 

ハンカチ会食を呼び掛けるチラシは、A3版・A4版あわせて3000部作成し、協会に所属するおよそ1100の会員に配布。さらにハンカチの代わりに口をふさぐための「紙ナプキン」も配る予定です。

 

尾道食品衛生協会は、2020年の2月頃から新型コロナ対策を打ち出し、咳エチケットの徹底や感染を予防する20のルール作りを行い、会員に対して研修会を行うなど、活発に活動しています。

月間アーカイブ

最近の投稿