HOME > ニュース・情報コーナー > 市議会開会

ニュース・情報コーナー

市議会開会

市議会2月定例会 開会  2021年2月22日放送

 

 

尾道市議会は2月22日、定例会を開会し、およそ11億9,500万円を増額する2020年度一般会計補正予算案など、20議案ほかを上程しました。会期は3月22日までです。

 

会議の冒頭、参議院議員広島選挙区を巡る大規模買収事件に関連して、現金を受け取ったとされる杉原孝一郎議員に対して、議員説明会で供述調書と異なる説明を行い、市民への説明責任も果たしていないなどとして、辞職勧告決議案が上程され、賛成多数で可決されました。

 

議案の主なものは、宅地造成が進む西藤町内の道路の寄付を受け、尾道市道として認定する議案、向島の二番潟交差点の渋滞解消を目指す「堤線」の工事請負契約、栗原中学校の改修工事請負契約、デジタル防災無線の整備と、防災アプリの機能を追加するための契約変更議案などがあります。

 

一般会計補正予算は、新型コロナウイルス関連の補正が主なもので、多くは国からの支出金を財源とします。

 

新型コロナウイルスワクチンの接種事業に6億2,900万円、尾道消防署の御調分署と北出張所の飛沫防止やトイレ改修などに1億2,400万円、地域医療を守るために市内の病院などへの支援事業に8,000万円、広島県が取り組む飲食店応援事業負担金として7,000万円、介護サービス施設と、障害者福祉施設の感染防止の取り組み支援にそれぞれ6,000万円と3,000万円、保育業務に従事している人へ、3万円を給付する事業に2,800万円、新型コロナウイルスで経営に影響を受けているバス・タクシー・船などの公共交通事業者への支援事業に2,600万円、小中学校の感染防止対策に2,300万円、図書館での非接触を目的に、電子書籍を増やす事業に500万円などです。

 

又、新型コロナウイルスの影響を受けた尾道市民病院とみつぎ総合病院の経営を強化するために、一般会計から2億5,000万円を繰り出します。

 

歳入の内、法人市民税の増加を、2億1,000万円見込んでいるほか、ふるさと納税を1億1,000万円増加としています。

 

次回、2月26日に開かれる定例会で、尾道市の2021年度予算案の説明があり、3月11日と12日に議員の質問が行なわれる予定です。

 

「ちゅピCOMおのみち」では、全て生放送と収録放送を予定していますので、ご覧下さい。

月間アーカイブ

最近の投稿