HOME > ニュース・情報コーナー > 尾大 地域課題プレゼン

ニュース・情報コーナー

尾大 地域課題プレゼン

地域課題プレゼン     2022年4月27日放送

 

尾道市立大学の学生がデザインの力を使い、地域の課題解決に向けたアイデアを提案する発表と展示会が4月20日、久山田町の尾道市立大学で開かれました。


これは、大学美術学科デザインコースの学生が、実習で取り組んだ成果を披露する場として、広島県中小企業家同友会と連携し2003年から行われているもので、今年で19回を迎えました。


今回は、コロナ禍の為、恒例のしまなみ交流館から大学キャンパスに場所を移して行われ、合わせて25人の学生が課題を解決するためのアイデアを展示・発表しました。


会場には、町をイメージした絵柄や、名物を使ったパッケージデザイン、観光アプリの企画など、尾道や学生自身の地元に関連した様々な企画が並んでいました。


オープンスタジオでは10人の学生が、外部のアドバイザーに自身の企画の意図や特徴などを解説するプレゼンテーションが行われ、参加者からは「ターゲットの年代設定」や「商品の価格設定」などについて質問やアドバイスが行われていました。


第19回地域プレゼンテーション課題発表の模様は5月23日から、ご覧のチャンネルで放送する予定です。お楽しみに。

月間アーカイブ

最近の投稿