HOME > ニュース・情報コーナー > 高須小防災ジオラマ

ニュース・情報コーナー

高須小防災ジオラマ

高須小防災ジオラマ ワークショップ 2022年6月10日放送

 

 

町のジオラマなどを使って防災について学ぶワークショップが6月9日、高須小学校でありました。

 

NHK広島放送局と尾道市が進める「地域での防災」の取り組みの一つとして開かれたもので、5年生が参加しました。

 

教室では最初に、ハザードマップをもとに、東尾道駅で災害時に浸水する高さを、バーチャル映像で再現。自分がその場所にいたら、どのくらいまで水が来るかなどを体験しました。

 

その後、NHKの職員や尾道市の防災担当者らと一緒に、段ボールで作られた高須町のジオラマのパーツを組み立てました。

 

浸水や土砂災害などのハザードマップを反映させたシートを被せてジオラマを完成させると、尾道市の地域防災担当の村上宣行さんが高須町で起こる可能性のある災害について説明しました。

 

このワークショップは、ジオラマを作る事で、自分の住む町の地形や災害のリスクを視覚的に学ぶものです。児童は「周りに山や川が沢山あり、災害が発生する可能性があることが分かった」「浸水と土砂災害では、逃げる場所を変えなくてはいけないと思った」などと感想を述べていました。

月間アーカイブ

最近の投稿