HOME > ニュース・情報コーナー > 9月期 市経済動向調査

ニュース・情報コーナー

9月期 市経済動向調査

9月期 尾道市経済動向調査    2021年10月5日放送

 

 

尾道商工会議所は尾道市の景気を図る物差しとなる「尾道市経済動向調査」の9月期の結果をまとめました。

 

調査は製造業24社、非製造業66社のあわせて90社を対象に、景気の状態や、生産額、売上額などについてアンケートを実施。そのうち回答のあった70社をもとに、DI方式でまとめられています。

 

景気が「良い」と見る企業から景気が「悪い」と見る企業を差し引いて、プラスに転じれば、景気が良いとしてとらえることができます。

 

今回の調査で、全業種の景況感は、マイナス27.1ポイントで、前回調査した6月と比べて、2.5ポイント悪化しました。

 

製造業はマイナス11.1ポイントとなり、前回と比べて15.2ポイント改善しました。一般消費者向けの食品を扱う企業が、緊急事態宣言に伴い業績を伸ばしました。

 

又、非製造業全体の景況感はマイナス32.7ポイントで、小売業がやや改善したものの、それ以外の業種はマイナス幅が拡大し、前回調査に比べて8.7ポイント悪化しました。

 

調査結果は、尾道商工会議所のHPへ掲載されています。

月間アーカイブ

最近の投稿