HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

大学院修了制作展

尾道市立大学 大学院 卒業・修了制作展 2019年2月13日放送

 

 

尾道市立大学美術学科を卒業する学生と、尾道市立大学大学院美術研究科を修了する学生の展示会「卒業・修了制作展」が2月17日まで、市内の3ヵ所で開かれています。

 

尾道本通り商店街の大学サテライトスタジオでは、大学院生10人が17点を展示。個性豊かな作品の数々に訪れた人が見入っていました。

 

三重県出身で大学院油画コースで学ぶ近藤優紀さんは、ドローイング作品2点を展示しています。

 

日常の風景の中に、子どもの頃に貼ったシールを描き込み、「幼友達の皆様」とのタイトルで自身の心の在りようを表現しています。

 

大阪府出身で日本画コースに在籍している蓮井彩乃さんは、岩絵の具で描いた風景作品2点を展示。岐阜県のスキー場の絵は、ゲレンデのコースが山の模様のように見えるユニークな作品です。

 

又、大学のある久山田町の風景を正面から捉えた絵は「全てのモチーフが地面と平行になっていて何処までも続いて行くかのような錯覚に誘う」作品です。

 

どの学生の展示も、大学から大学院にかけて尾道で6年間学んだ成果がうかがえるものばかりで、見ごたえのある内容となっています。

 

大学の卒業制作展は、尾道市立美術館で、大学院の修了制作展は久保3丁目の大学美術館とサテライトスタジオでそれぞれ17日まで開かれています。会期中は無休で、入場無料です。

みつぎ駅伝

第44回みつぎ駅伝 2019年2月12日放送

 

 

御調町内外から多くのチームが参加する「みつぎ駅伝大会」が2月10日、町内で開かれました。

 

尾道市と合併する前から行われ、今年で44回を数える伝統の駅伝大会で、今回は小学生から一般まで47チームが参加して襷をつなぎました。

 

開会式で、前回の優勝チームから優勝旗の返還などがあり、主催者を代表して御調町体育協会、吉和宏会長が挨拶しました。

 

続いて、来賓の平谷祐宏尾道市長と高山博州広島県議会議員が祝辞を述べ、河内地区体育協会の信藤啓太さんが選手宣誓を行いました。

 

大会は、2kmから3.5kmまでの6区間、合計15.8kmのコースで競い、一般の部・中学生男子の部・小学生の部・女子の部など5部門のそれぞれの優勝と総合優勝チームを決めます。

 

参加チームは、平谷市長のピストルの合図で、スタート地点の御調高校前を元気に飛び出しました。

 

沿道には多くの人が応援に駆けつけ、盛んに声援を送り、中継地点にも大勢の人が待機して、走り終わった選手を労っていました。

 

御調駅伝は、農道や御調川沿いの遊歩道など御調町らしい爽やかなコースが特徴で、参加者達は、気持ちの良い汗を流し、懸命に襷を繋いでいました。

 

アンカーがゴールに近づくと一層大きな声援が飛び交い、走り終わったランナーは、応援に答えるようにゴールに飛び込みました。

 

各部門の優勝は、地域の部:河内体協A   

中学生男子の部:栗原中学校  

女子の部:三原陸上A

小学生の部:向東子ども会駅伝部  

一般の部:尾道市役所楽走会   

総合優勝:栗原中学校

 

レース後には、地域の女性たちが「ぜんざい」の炊き出しを行い、参加者らが疲れた体を温めていました。

消防感謝状

消防感謝状 2019年2月8日放送

 

 

1月18日に栗原東二丁目で発生した火災で、被害を最小限に食い止めた市民に対して2月8日、尾道西消防署で感謝状の贈呈が行なわれました。

 

感謝状を受けたのは、栗原東二丁目の山口チエコさん84歳で、島田重男尾道西消防署長から、賞状が手渡されました。

 

栗原東二丁目の火災は1月18日(金)午前9時45分頃に、住宅の1階リビングから出火したもので、道を挟んだ向いに住んでいる山口さんが煙を発見しました。

 

近所の人に消防への通報をお願いしながら、火元の家まで階段を駆け上がり、水道ホースを使って消火に努めました。

 

又、燃えていたコタツの布団やカーペットなどを部屋から庭へ引っ張り出すなどして火を消し止めました。

 

リビングの床などおよそ2㎡を焼損しましたが、この家に住む86歳の女性は無事でした。

 

消防署によると付近は住宅が密集していて、消火が遅れれば、火災が拡大していた可能性もありました。

 

山口さんは「とても怖かったですが、必死に消火に努めました。表彰は大変光栄です」と話していました。

 

2019年に入り、尾道市内では既に7件の火災が発生していて、その内一般の住宅火災が4件起きています。

尾商 学習成果発表会

尾道商業高校 学習成果発表会 2019年2月8日放送

 

ビジネス教育を学ぶ生徒が、日頃の学習や研究の成果を披露する発表会が2月8日、古浜町の尾道商業高校で行われました。

 

この取り組みは、在校生や地元企業などの来賓に学習成果を発表することで、生徒のプレゼンテーション能力や学習意欲を高めると共に、地域との連携を深めていこうと毎年開かれています。

 

今年は、全校生徒およそ600人と地元企業の関係者たち16人が参加し、1年生から3年生のおよそ20人が発表に臨みました。

 

1年生や2年生は学校の授業で取り組んだことやインターンシップで経験したこと、3年生は大学受験を通して学んだことなどを発表しました。

 

その他にも、尾道商業高校 独自の取り組みで、生徒が実践的な商品企画や販売を行う「尾商デパート」について、昨年の活動が報告され、発表した3年生が後輩たちにエールを送っていました。

 

発表後の講評では、広島県教育センター教育情報部指導主事の大下 美代子さんが「今後も尾道商業高校ならではの授業を生かしてそれぞれの探求を深め、地域を盛り上げていってほしい」と生徒たちに呼びかけていました。

大浜神明祭

大浜神明祭 2019年2月7日放送

 

 

およそ400年前から続く因島大浜町の伝統行事「神明祭」が2月3日、大浜公民館でありました。

 

大浜町の神明祭は、町内の地区当番が制作した「とんど」4基を担ぎグラウンドで練りまわします。

 

今年は、担い手不足の影響で「とんど」は3基しか制作されませんでしたが、大勢の見物客で賑わいました。

 

会場では、神明祭実行委員会の杉本利文代表の挨拶や囃子歌の歌い手達の紹介に続き、とんどが担つがれました。

 

地域住民は、きらびやかな飾りが施された重さおよそ300kgのとんどを練りまわし、途中で、とんど同士の押し合ったり、子ども達が参加したりして、観客から大きな拍手が送られていました。

 

大浜の神明祭の由来はいくつかあり、一説によると1567年に戦国武将の小早川隆景が三原城を築いた際に、伊勢神宮の分霊を祭ったのが始まりといわれています。現在は、地区内の平穏や参加者の無病息災などを願い、毎年盛大に行なわれています。

 

最後は、とんどが各地域に戻されて、火入れが行なわれました。参加者は持ち寄った正月飾りや餅をとんどの火で焼いて1年の健康などを願いました。

 

大浜の神明祭の様子は、2月25日からもたっぷりと放送します。お楽しみに!

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
323ページ中2ページ目