HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

尾商生 駅新商品を開発

尾商生 駅新商品を開発    2019年1月30日放送

 

3月10日に開業するJR尾道駅新駅舎の店舗で販売予定の商品について、商品開発に参加している尾道商業高校の生徒たちが1月28日、古浜町の校舎でそれぞれのアイデアをプレゼンテーションしました。

 

生徒たちがプレゼンテーションしたのは、「せとうち巻き」というのり巻きのような形の商品で、新駅舎で軽食やレンタサイクル、お土産などを扱うショップとしてオープンする「おのまる商店」で販売されます。

 

せとうち巻きは、漁師たちが海の上で食べていた携帯食をモチーフにしたもので、具の違うおよそ8種類を商品化する予定です。おのまる商店を運営するディスカバーリンクせとうちが、その中の1種類を高校生に考えてもらおうと、昨年末尾道商業に打診し、今回のコラボレーションが実現しました。

 

商品開発には、観光関連の科目を選択している3年生30人が参加し、事前に提示されていた「美味しさ・尾道らしさ・高校生に選ばれる商品であること」などの条件をもとに、考えた商品の魅力をアピールしました。

 

生徒たちはレモンやあなご、鯛などの食材のほか、尾道ラーメンやお好み焼きの尾道焼きなど名物を生かした9つのせとうち巻きを発表し、審査したJR尾道駅の坂本芳明副駅長たちは生徒の自由なアイデアに聞き入っていました。

 

今後、9種類のアイデアは全て試作され、味やコストなどを審査した上で2月28日に採用となる商品が発表されます。商品は、3月8日の駅舎のプレオープンで試食が行われる予定です。

海道20周年事業 初会合

海道20周年事業 初会合    2019年1月29日放送

 

1999年に開通した瀬戸内しまなみ海道の20周年記念事業実施に向けた実行委員会の初会合が1月29日、西御所町のJB本四高速尾道ビルで開かれました。

 

委員会には、本州四国連絡高速道路株式会社と、広島県・愛媛県のほか、しまなみ海道沿線の尾道市、今治市、上島町の自治体関係者、観光協会や商工会議所などから合わせて12人が出席しました。

 

会場では、実行委員会の設立総会と会合があり、2018年度の事業計画案や予算などを審議、承認しました。

 

記念事業は、しまなみ海道の開通20周年を契機に、広島・愛媛の交流促進と更なる発展に繋げようとするもので、6月1日に今治市の村上三島記念館で開通20周年記念式典を開催します。

 

また、6月1日と2日に、尾道市と今治市でそれぞれイベントが行われるほか、記念事業の期間となっている11月末までの間、様々な協賛イベントの実施を見込んでいます。

 

会議ではその他、記念事業のシンボルマークも発表され、多々羅大橋と自転車、瀬戸内の風景などをモチーフにした尾道市立大学美術学科3年の有岡穂香さんの作品が紹介されました。

 

実行委員会の代表幹事には、本四高速株式会社代表取締役社長と、広島県知事、愛媛県知事が選ばれ、3月末ごろに開く第2回の会議で、来年度の予算と記念イベントの具体案などについて審議する予定です。

選挙・政治談義inけん玉

選挙・政治談義inケンダマロックカフェ 2019年1月28日放送

 

 

4月に予定されている尾道市長選挙・市議会議員選挙に関心を持ってもらおうと、海岸通りにあるカフェで、政治や選挙について語り合うイベントが開かれました。

 

コーヒーなどを飲みながら気軽に話し、選挙や政治・まちづくりに関心を持ってもらおうと、土堂1丁目のKENDAMA ROCK CAFEの店主、森下マコトさんが企画したもので、尾道に滞在経験があり、現在 山梨県北杜市の市議会議員を務めている栗谷真吾さんが話を進めました。

 

栗谷さんは、現在36歳で、2016年の北杜市議会議員選挙で初当選し、最年少議員として、市民目線の活動を展開しています。

 

会場では、議員の仕事や、政治と市民の暮らしがどのように関わっているのかなど、話を進めました。

 

イベントは、1月25日と26日の両日開かれ、25日は店内が一杯となるおよそ10人が来場。あいにく26日は来場者がありませんでしたが、森下さんと栗谷さんが選挙や政治について語っていました。

 

栗谷さんは、「政治は暮らしに密接に関わっているもので、投票に行くのはもちろんの事、まちづくりに熱い思いがあれば、思い切って立候補してみてはどうか?」と話していました。

 

尾道市長選挙、市議会議員選挙は、4月14日告示、21日に投開票が行なわれます。

「尾道文化」座談会 

「尾道文化」座談会   2019年1月28日放送

 

「文化」と「尾道」をテーマにした座談会が1月15日、久保1丁目の画廊喫茶かのこで開かれました。

 

これは、尾道市文化協会が発行している雑誌「尾道文化」の企画として初めて行われたもので、NPO法人シネマ尾道の河本清順代表理事と尾道文化 副編集委員長の林良司さんが司会を務めました。

ゲストには、作家で尾道市立大学教授の光原百合さん、水尾町の水祭りを守る会会長で今川玉香園茶舗の今川智弘さん、なかた美術館学芸員の国近有佑子が加わり、尾道の文化について様々な面から語り合いました。

 

座談会では、尾道の文学的な魅力や町の芸術活動、尾道大学の移り変わりなど様々なテーマが語られ、司会者とゲストがそれぞれの視点で意見を出し合っていました。

 

また、次の世代に向けた取り組みについても話があり、「文化の質の部分を残していく事が大切」「文化を身近に感じられるように、普段からの仕掛けが必要」など意見が出されていました。座談会には、尾道の歴史や文化に興味のあるおよそ20人が訪れ、出演者たちの話しに聞き入っていました。

 

座談会の内容は、3月に発行予定の「尾道文化」37号に掲載されるという事です。

尾道滞在 創作活動

尾道滞在 創作活動 2019年1月25日放送

 

尾道に滞在して創作活動などを行うイベント「ライターズ・イン・レジデンス」が2月7日まで東土堂町のゲストハウス「みはらし亭」で行われています。

 

イベントは、尾道の町の雰囲気を感じながら作品制作を楽しんでもらおうと、「みはらし亭」を運営するNPO法人「尾道空き家再生プロジェクト」が企画したもので、今年で2回目です。

 

「みはらし亭」は、山手に建っていた空き家を改修した木造2階建ての宿で、客室の窓からは尾道水道や町並みが一望できます。

 

イベントでは、プロやアマチュア、活動のジャンルを問わず参加を受け付け、全国からライターやイラストレーター、ブロガーなど11人が参加しました。

 

参加者たちは、1月15日から2月7日までの開催期間の中で、物語の執筆やコミックの制作など、それぞれ好きな分野で自由に創作活動に取り組みます。

 

SNSでイベントを知って参加したという宮本佳奈さんは、普段は東京都で助監督や脚本の仕事に携わっていて、期間中は尾道での滞在を元にしたエッセイを制作していました。

 

「ライターズインレジデンス」では、期間中、市民を交えた交流会なども開かれ、参加者たちは創作活動や町の散策だけでなく、地元住民とのコミュニケーションも楽しんでいました。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
323ページ中5ページ目