HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

女流本因坊戦 尾道対局

女流本因坊戦 尾道対局 2018年11月27日放送

 

 

第37期女流本因坊戦の第3局が11月24日、因島外浦町の本因坊秀策囲碁記念館で行なわれました。

 

 

記念館の敷地内にある秀策の生まれた家を復元した建物で対戦があり、はじめに挑戦者の藤沢里菜女流立葵杯が入室し、続いて謝依旻女流本因坊が席に座りました。

 

午前9時、張り詰めた空気の中、藤沢女流立葵杯が初手を打ち対局がスタートしました。

 

女流本因坊戦は5番勝負で行なわれ、藤沢女流立葵杯は2連勝で、タイトルに王手をかけていましたが、午後7時30分過ぎに284手で、謝女流本因坊が白番中押し勝ちし、対戦成績を1勝2敗としました。

 

外浦町集会所で行なわれた大盤解説会には、およそ90人が集まり、日本棋院武宮正樹九段と万波奈穂扇興杯が、参加者に次の一手を質問するなどして、解説しました。

 

女流本因坊戦の開催は、尾道で初めてで、市制施行120周年に合わせて市が誘致しました。

 

第4局は、12月5日に東京都の日本棋院で行なわれる予定です。

仮装大会inおのみち

全国仮装大会inおのみち 2018年11月26日放送

 

第7回全国仮装大会inおのみち2018スペシャルが11月25日、尾道本通り商店街などで行われました。

 

今年の仮装大会は、当初9月に予定されていましたが、台風24号の影響で延期となり、今回はコンテストの会場を変更した特別版として開かれました。

 

商店街のパレードにはおよそ60組が参加し、実行委員会の会長を務める平谷 祐宏尾道市長や高橋 貞明顧問も仮装して大会を盛り上げました。

 

参加者たちは、アニメやゲーム、映画のキャラクターなど、工夫を凝らした衣装を着て、キメポーズやダンスのパフォーマンスで注目を集めていました。

 

パレードの後、長江口の特設会場で仮装コンテストが行われ、審査員らが衣装やパフォーマンスなどを採点しました。

 

審査の結果、今回は今治市から参加した「オヤジもブギウギ」チームがグランプリに選ばれました。

 

パレードの様子などは、コミュニティチャンネルで12月24日から放送予定です。お楽しみに。

永正寺 住職交代・本堂改修

永正寺 住職交代と本堂改修 法要 2018年11月22日放送

 

 

木ノ庄町の永正寺で11月3日、住職の交代法要と本堂などの改修完成法要がありました。

 

永正寺は臨済宗の寺院として建立され、およそ400年前に浄土真宗に改宗した古刹で、紅葉の美しい寺としても知られています。

 

この度、本堂や庫裏の改修工事が行なわれ、その完成と住職の交替法要が合わせておこなわれました。

 

法要前に稚児行列があり、吉井蒼斗くんと、山本芽桜ちゃんが献花を行ないました。

 

田中隆夫法要実行委員長の挨拶の後、柿原顕乗第15世住職から柿原興乗新住職に許状の授与が行なわれました。

 

法要後の記念公演では、住職の知人の音楽家たちによる、フラメンコや歌、ギター演奏があり、最後は興乗住職も参加して、フラメンコの披露がありました。

 

興乗住職は「出来る事を精一杯させて頂き、檀家のかたたちと一緒に、この寺を守って行きたい」と話していました。

講演 幕末~明治の尾道

講演 幕末~明治の尾道     2018年11月22日放送

 

三成学区の歴史と自然を訪ねる会、三訪会の例会が9月15日、美ノ郷町三成の才原なごみ館で開かれました。

 

三訪会は史跡めぐりや講演会などを通じて、地域の歴史の掘り起こしなどを行っている団体で、例会には三訪会の会員を中心におよそ40人が参加しました。

 

今年は、明治元年から数えて150年目に当たる年で、会場では講師を務めた尾道市文化振興課 学芸員の西井亨さんが、幕末から明治にかけての尾道をテーマに話を進めました。

 

西井さんは、スライドや資料を示しながら、江戸から明治に時代が変わっていく中、尾道で起こった出来事や活躍した人々などを紹介。参加者らは当時の尾道の様子を思い描きながら話に聞き入っていました。

 

講演の様子は、11月26日からのちゅピCOM11chおのみちアカデミーで放送します。どうぞお楽しみに。

市長会見 子育て支援イベント

定例尾道市長記者会見 子育て支援イベント発表 2018年11月21日放送

 

 

定例尾道市長記者会見が11月21日にあり、子育て支援の一環として親子参加型のイベントについて発表が行われた他、2019年に開港850年を迎える尾道市の方向性についてなど、市長が語りました。

 

子育て支援イベントは「安田式体育遊びで運動能力向上」というタイトルで行なわれ、オリジナルの鉄棒や平均台・マットなどの遊具を使った運動を提唱している、安田祐治さんが考案した遊びを親子で行ないます。

 

開催日時は、12月16日(日)13:00~15:00まで、向島運動公園で開かれます。

 

イベントは、尾道市の若手職員で作る少子化対策チームが考えた「尾道市パパの輪プロジェクト」として行なわれ、平谷祐宏尾道市長は「小学生とその保護者、特に父親の参加を促して、親子の関係、お父さん同士のつながりを深めてもらいたい」と話し、「尾道での子育て環境の整備にこれからも努めたい」と述べました。

 

募集は先着100組の親子で、現在70組が応募しています。希望者は12月7日の17:00までに、尾道市のHPから用紙をダウンロードしてEメールで申し込む必要があります。

 

平谷市長はその他、記者の質問に答える形で開港850年を迎える尾道市について「観光を尾道市の基幹産業の一つにしたい」と述べ、日本食を世界に発信する農林水産省のセーバージャパンの取り組みに連動して「観光と農業・水産業を食と結び付けて、一次産業の活性化を図っていく」と話しました。

 

又、「しまなみ海道を世界のサイクリストの聖地にする」ためには、ヨーロッパなどで流行している電動アシスト自転車「イーバイクのコース整備」に触れ、「850年を契機に、人と物が行き交う尾道市の第4期黄金期の形成に予算づけをして行きたい」と語りました。

 

会見の様子は、21日の21:00からと、22日の7:00と15:00に放送予定です。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
311ページ中6ページ目